2004年11月24日

exciteブログへの対応について

exciteブログへの対応の際に、いろいろな方から賛否両方の意見を頂きました。議論が少し落ち着いてきたところで、 当事者の一人として、この件について改めて整理してみたいと思います。ただ、これは、ubicastから見た話なので、 exciteさんのお考えとは少々違うところがあるかもしれませんので、あらかじめお断りしておきます。

ポジティブな意見

ポジティブな意見としては、ブログが簡単に始められたと評価して頂けるものが多かったです。やはり、最初のセットアップ時が、一番、 取り付きにくいところですから、ここのハードルを下げれたという話を聞くと、非常にうれしく思いますし、当初の目的は、 ある程度達成できたのかなと思っています。

 

ネガティブな意見

しかしながら単なるnewPostやdeletePostなど標準機能で十分可能なメソッドについてまで置換してしまうメリットをどこに求めるのでしょうか。 私には単なる「囲い込み戦略」 ぐらいしか思いつけません。
つまりはユーザーへのメリットではなく、 事業者としてのメリットを優先した、ということでしょう。
同時に、独自性を出すのは確かに大事なことですが、 既にある程度固まっているスタンダード(実質標準であるとしても)を崩す方向に走る行為は、 (たとえ周囲にその影響が実質的に無いとしても)少なくともマーケット・ プレイヤーとしての資質に欠ける判断だと言わざるを得ません。
特に、まさしくインターネットというカテゴリーで飯を食う企業のエンジニアがそうした発想を持てていないことに愕然とします。
返す刀で付け加えると、ubicastさんの中の人たちにも、 そうしたエキサイトの対応に助言してあげる人たちはいなかったのでしょうかね??「旅行びと日記

なんで標準を無視して、独自のAPIを実装するの? 標準を元に拡張するのならまだしも、完全に独自の API のようです。  「観測気球

という方たちの意見に代表されているようです。要するに

拡張部分だけなら理解できないこともないが、 なんでデファクト・ スタンダードでサポートされている機能までも独自APIで実装する必要があるんだ。

という点が大きな問題として取り上げられているようです。また、「HepCat Dev and Test」 さんからの追加コメントとして、

おそらく、エキサイトとubicastさんの中の方たちは、Atom APIというものをご存知ないのかもしれません。これは、 私もいままで積極的に情報を発信してきたつもりですが力不足の面があったかもしれません。また、Atom APIに関して日本語の情報がまだ少ないという事もあるかもしれませんね。「HepCat Dev and Test

というのも頂きました。

 

これらに対してubicastとしての意見を述べさせて頂きます。

デファクトの不採用ではなく、いまだ非公開APIの位置づけ

exciteブログがBlogger APIやmetaWeblog APIなどのデファクトスタンダードを採用していないというよりは、まだ非公開の状態であり、 現時点でサポートまで至っていないと考えて頂く方が正確かと思います。このAPIは非公開ですので、当然、今後、 変更される可能性がありますが、それを承知した上でubicast Bloggerで利用させて頂いております。ただし、 非公開ですが他社の使用を禁じているものではないと思いますので、どなたでも使用することができるのではないかと思います。 決してubicast Bloggerの囲い込みのために行っているのではなく、 ユーザーの利便性を考えた上での結果がこのような形になったものです。

Atom PPの不採用について

「HepCat Dev and Test」さんが別の記事で書かれているように、Atom PPは、仕様がまだ未定なため、 現時点での選択肢としては、XML-PRCで良かったのではないかと思っています。まずは、XML-RPCで実装し、Atom PPの仕様決定を待って対応するのが現実的だと思っています。

開発者同士の協力について

再度、「HepCat Dev and Test」さんの記事から参照です。

海外では、競合する各社でも開発者どうしが協力しあって、 積極的に標準的な仕様を裁定しようとがんばっているさなかに、こういった独断的に協調や連携を阻害するような事をすると、 せっかくのBlogにおける利便性が損なわれることになります。

RSSやAtomにしても、標準仕様というのがあって、 みんなが同じものを使えるからこれだけ便利になり、種々のツールやサービスが生まれました。「HepCat Dev and Test

いや、まったく同感です。” 会社という組織レベルでの競合とその組織を超えた技術者レベルでの協力”は、 今後ますます重要になると思います。そういったことができないとその分野全体の発展にマイナスになり、 ひいては会社にとってもマイナス要因になります。ubicastは、決して連携を阻害しようとしているわけではなく、 常に他社との連携を模索しています。「HepCat Dev and Test」さんの開発されているBlogWriteubicast Bloggerも共にブログクライアントと言われるものですので、 同じ分野にいる者同士、是非協力して活動を行っていければと思っております。例えば、 ブログクライアントから見てユーザーの利便性を考えると、 Seesaaさんやexciteさんの拡張部分などの機能が必要になってくると思うのですが、 こういった分野の仕様検討から連携させて頂いて、共同提案のような形が取れるといいなぁとまずは漠然と考えています。 よろしくご検討下さい。

 

最後に宮川さんの記事が非常に明快かつ的確だと思いますので、ここに紹介させて頂きます。技術・ ビジネス両面から冷静に考察して頂き、今回の件を見つめなおす際に良い参考にさせて頂きました。

 

記事を参照させて頂いた皆様にTBを送らせて頂きます。

posted by sasaki at 11:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 開発記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1112604
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ネガティブな意見にされてしまった件について
Excerpt: Blogger開発記: exciteブログへの対応について 本当は議論を落ちつかせたというか単に事の成り行きを見守っていただけだったのですが、せっかくTBも頂きましたし、突っ込みどころもありました..
Weblog: 「旅行びと日記」日記
Tracked: 2004-11-24 19:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。